5日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想する。日米金利差が意識され、ドル高・円安の基調に変わりはない。ただ、米連邦準備制度理事会(FRB)の過度な引き締め期待が弱まるなか、米金利安に振れればドルを下押ししそうだ。



前日発表された米JOLT求人件数は予想を下回り、米10年債利回りは低下。それを受けFRBは引き締めペースを緩めるとの思惑が広がり、ドル売り優勢の展開に。ユーロ・ドルは1.00ドルに接近し、ドル・円は144円を割り込んだ。本日アジア市場はおおむねその流れが続き、ドルの買戻しは限定的。ドル・円は海外投機筋とみられる売りが先行し一時143円半ばまで下げたが、日経平均株価の堅調地合いでドルは144円台に戻した。



この後の海外市場は米金利が手がかり。3日に発表されたISM製造業景況指数が低調となり、FRBは景気に配慮し引き締め加速の方針を弱めるとの見方が株式市場を中心に浮上。今晩のISM非製造業景況指数の内容次第では、連邦公開市場委員会(FOMC)に向け大幅利上げ期待はいったん収束しそうだ。また、ユーロやポンドが持ち直し、ドルへの下押し要因になりやすい。ドル・円は日米金利差で下げづらいものの、目先は失速する可能性もあろう。



【今日の欧米市場の予定】

・17:00 ユーロ圏・9月サービス業PMI改定値(予想:48.9、速報値:48.9)

・17:30 英・9月サービス業PMI改定値(予想:49.2、速報値:49.2)

・21:15 米・9月ADP雇用統計(予想:+20.0万人、8月:+13.2万人)

・21:30 米・8月貿易収支(予想:-677億ドル、7月:-707億ドル)

・21:30 カナダ・8月貿易収支(予想:+34.5億加ドル、7月:+40.5億加ドル)

・22:45 米・9月サービス業PMI改定値(予想:49.2、速報値:49.2)

・23:00 米・9月ISM非製造業景況指数(予想:56.0、8月:56.9)

・05:00 ボスティック米アトランタ連銀総裁オンライン討論会参加(インフレ関連)

・トラス英首相演説(保守党大会)

・OPECプラス閣僚級会合