6日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、144円50銭台を維持する。日経平均株価は大引けにかけて失速し、日本株高を好感した円売りは縮小。一方、ポンドは欧州勢とみられる売りが強まり、ドルや円、スイスフランに対して値を下げている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は144円39銭から144円70銭、ユーロ・円は142円82銭から143円44銭、ユーロ・ドルは0.9875ドルから0.9926ドル。