<円債市場>

長期国債先物2022年12月限

寄付148円65銭 高値148円69銭 安値148円54銭 引け148円62銭

売買高総計13118枚



2年 441回 -0.075%

5年 153回  0.045%

10年 368回  0.245%

20年 181回  0.970%



債券先物12月限は、148円65銭で取引を開始。前日NY市場での米FRBの大幅利上げ観測による長期金利上昇を受けて売りが優勢になり、148円69銭から148円54銭まで下げた。その後、引けにかけては米国の9月雇用統計の発表を控えて買い戻しがみられた。現物債の取引では、全年限が売られた。



<米国債概況>

2年債は4.26%、10年債は3.83%、30年債は3.79%近辺で推移。

債券利回りはほぼ横ばい。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は2.12%、英国債は4.17%、オーストラリア10年債は3.84%、NZ10年債は4.26%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]

・21:30 米・9月非農業部門雇用者数(予想:+25.5万人、8月:+31.5万人)

・21:30 米・9月失業率(予想:3.7%、8月:3.7%)

・21:30 米・9月平均時給(前年比予想:+5.0%、8月:+5.2%)

・21:30 カナダ・9月失業率(予想:5.4%、8月:5.4%)

・23:00 米・8月卸売在庫改定値(前月比予想:+1.3%、速報値:+1.3%)

・23:00 ウィリアムズNY連銀総裁質疑応答

・24:00 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁オンライン討論会参加(農業・食糧・インフレ関連)

・01:00 ボスティック米アトランタ連銀総裁討論会参加(経済不均衡)

・04:00 米・8月消費者信用残高(予想:+250.00億ドル、7月:+238.11億ドル)

・EU首脳非公式会議