28日のニューヨーク外為市場でドル・円は、147円15銭から147円84銭まで上昇し、147円42銭で引けた。米連邦準備制度理事会(FRB)がインフレ指標として注視している燃料や食品を除いたPCEコア価格指数の9月分が8月から伸びが拡大し3月来で最大の伸びを記録、インフレ期待として注視の米10月ミシガン大学5-10年期待インフレ率確報値も高止まりとなったため11月FOMCでの追加大幅利上げを正当化するとの見方に長期金利上昇に伴うドル買いが再燃した。



ユーロ・ドルは0.9990ドルまで上昇後、0.9930ドルまで反落し、0.9964ドルで引けた。独9月消費者物価指数速報値が予想以上に伸びが加速し、過去最大を記録したためECBの利上げを織り込むユーロ買いが強まった。ユーロ・円は146円57銭から147円37銭まで上昇。日欧金利差拡大観測に円売りが強まった。ポンド・ドルは1.1522ドルから1.1623ドルまで上昇。スナク英首相は最大500億ポンド規模の支出削減・増税を検討しているとの報道を受け、英国の金融市場安定期待にポンド買いが優勢となった。ドル・スイスは0.9980フランまで上昇後、0.9942フランまで反落した。