2日午後の東京市場でドル・円は147円40銭付近と、ほぼ変わらずの値動き。米連邦公開市場委員会(FOMC)での政策決定を控え、全般的に動意が薄い。先行きのリスクが警戒され、安全通貨のドルや円に買いが入りやすく、ドル・円は方向感が乏しい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は147円17銭から148円37銭、ユーロ・円は145円55銭から146円80銭、ユーロ・ドルは0.9870ドルから0.9899ドル。