ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、ユーロ・円は一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後137円50銭(2018/2/2)まで買われたあと、長く伸び悩んだが、日欧金利差は当面拡大する可能性が高いことから、一時148円40銭(2022/10/21)まで買われている。欧州中央銀行(ECB)は高インフレに対応して追加利上げを計画しているものの、景気悪化を考慮して量的引き締め措置については慎重になっている。米長期金利は上昇していることから、リスク選好的なユーロ買い・円売りが一段と拡大する可能性は低いとみられる。



【ユーロ売り要因】

・欧州におけるエネルギー供給不安

・欧州諸国の財政悪化、景気後退入りのリスク増大

・日本政府・日銀による円買い介入



【ユーロ買い要因】

・日欧金利差拡大観測

・ドイツのインフレ率は高止まりの様相

・欧州諸国は代替エネルギーを今年後半までに確保する可能性