4日午前の東京市場でドル・円は上げ渋り。朝方の147円96銭から148円40銭まで値を上げたが、その後は失速。米10年債利回りの戻りは鈍く、ドル買いは入りづらい展開となった。また、日本政府による円買い介入への警戒感は根強く、一段の円安は抑制された。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は147円96銭から148円40銭、ユーロ・円は144円33銭から144円72銭、ユーロ・ドルは0.9743ドルから0.9767ドル。



【要人発言】

・鈴木財務相

「為替介入については水準に誘導するわけではない」

・豪準備銀行(四半期金融政策報告)

「CPI見通しは2023年を4.75%に、24年を3.25%に上方修正」

「GDPは22年12月の+3%から23年、24年に+1.5%へ減速の見通し」

「政策金利はさらに引き上げる必要」

「政策金利は3.5%付近がピーク、24年末には3%まで低下の見通し」