7日午後の東京市場でドル・円は小じっかりとなり、147円40銭付近に浮上した。前週末の米雇用統計で失業率が悪化したためドル売りに振れたが、週明けは欧州勢がドルの買戻しを進める。全般的にドル高基調に振れており、クロス円もやや値を下げている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は146円71銭から147円34銭、ユーロ・円は145円54銭から146円33銭、ユーロ・ドルは0.9905ドルから0.9947ドル。