7日の東京市場でドル・円は底堅い。週明けの日経平均株価は寄り付きから強含み、日本株高を好感した円売りで146円71銭から147円台に浮上。午後は米引き締め政策の緩和への思惑が広がり上昇は抑制されたが、夕方にかけてドル買い再開で147円57銭まで値を上げた。



・ユーロ・円は145円54銭から146円51銭まで上昇。

・ユーロ・ドルは0.9905ドルから0.9954ドルまで値を上げた。



・17時時点:ドル・円147円50-60銭、ユーロ・円146円40-50銭

・日経平均株価:始値27,406.78円、高値27,578.01円、安値27,357.53円、終値27,527.64円(前日比327.90円高)



【経済指標】

・中・10月輸出:前年比-0.3%(予想:+4.5%、9月:+5.7%)

・中・10月輸入:前年比-0.7%(予想:0.0%、9月:+0.3%)

・スイス・10月失業率:1.9%(予想:2.0%、9月:1.9%)

・独・9月鉱工業生産:前月比+0.6%(予想:+0.2%、8月:-0.8%)



【要人発言】

・ビルロワドガロー仏中銀総裁

「基調インフレ率が明確にピークに達していない限り(利上げを)止めるべきでない」

・中国政府

「現在のゼロコロナ政策を維持」(報道)