■NY株式:NYダウは423ドル高、中間選挙で不透明感払しょく期待



米国株式市場は続伸。ダウ平均は423.78ドル高の32827.00ドル、ナスダックは89.26ポイント高の10564.52で取引を終了した。中間選挙を控え下院で共和党優勢の思惑で景気減速懸念が後退、さらに不透明感払しょく期待に寄り付き後、上昇。ドル高が一段落したことも支援しダウは終日堅調に推移。長期金利上昇でナスダック総合指数は朝方、伸び悩んだものの引けにかけ主要株式指数は上げ幅を拡大し、終了した。セクター別では、ソフトウエア・サービス、メディア・娯楽が上昇した一方、公益事業が下落。



ソーシャル・ネットワーキングサービス供給のフェイスブック(FB)運営のメタ(META)はコスト削減の一環で大幅人員削減を開始するとの報道が好感され大きく上昇。また、著名投資家ウォーレンバフェット氏が運営する保険のバークシャー・ハサウェイ(BBK)は第3四半期の営業利益20%増を発表し、上昇。ドラッグストアチェーン運営のウォルグリーンブーツアライアンス(WBA)は傘下のビレッジMDによるサミットヘルス買収を好感し、上昇した。携帯端末のアップル(AAPL)は中国の生産拠点がゼロ・コロナ規制による都市封鎖で新機種アイフォーン14の生産に大きく影響、当初予想の300万台減となる見込みとの報道が警戒されたが、同時に需要が強いことも示唆されたため小幅高。一方、オンラインの中古車販売プラットフォーム運営のカーバナ(CVNA)は第3四半期決算の内容が予想を下回ったため大きく売られ、過去最安値を更新。電気自動車メーカーのテスラ(TSLA)はマスク氏の同社と短文投稿サイトツィッターの最高経営責任者(CEO)兼任を警戒し、売られた。



配車サービスのリフト(LYFT)は取引終了後、第3四半期決算を発表。1株利益予想に反し、損失を計上したため時間外取引で下落している。



HorikoCapitalManagementLLC





■NY為替:米利上げ減速観測根強くドル続落



7日のニューヨーク外為市場でドル・円は、146円09銭まで下落後146円73銭まで上昇し、146円65銭で引けた。FRBの利上げ減速観測根強くさらに、対欧州通貨でのドル売りに押されたのち、長期金利の上昇に伴うドル買いやリスク選好の円売りが優勢となった。



ユーロ・ドルは0.9976ドルから1.0034ドルまで上昇し、1.0020ドルで引けた。ドイツの予想を上回る経済指標の結果を受けユーロ買いが優勢となった。ユーロ・円は146円04銭から147円00銭まで上昇。ポンド・ドルは1.1441ドルから1.1542ドルまで上昇した。英中銀が量的緩和で購入し保有している債券の売却受け価格が下落。利回り上昇に伴うポンド買いが優勢となった。ドル・スイスは0.9915フランへ強含んだのち、0.9875フランまで下落した。





■NY原油:弱含みで91.79ドル、利益確定を狙った売りが入る



NY原油先物12月限は弱含み(NYMEX原油12月限終値:91.79 ↓0.82)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は、前営業日比-0.82ドルの91.79ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは90.40ドル-93.74ドル。アジア市場の序盤に利益確定を狙った売りが入り、90.40ドルまで下げたが、まもなく反転し、ニューヨーク市場の中盤にかけて93.74ドルまで買われた。ユーロ高や株高が意識されたようだ。ただ、通常取引終了後の時間外取引では利食い売りがやや強まり、一時91.60ドルまで下げている。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  37.01ドル   +0.22ドル(+0.60%)

モルガン・スタンレー(MS) 85.57ドル   +0.72ドル(+0.85%)

ゴールドマン・サックス(GS)362.56ドル  +4.65ドル(+1.30%)

インテル(INTC)        28.41ドル   +0.21ドル(+0.74%)

アップル(AAPL)        138.92ドル  +0.54ドル(+0.39%)

アルファベット(GOOG)    88.65ドル   +1.95ドル(+2.25%)

メタ(META)           96.72ドル   +5.93ドル(+6.53%)

キャタピラー(CAT)      228.61ドル  +0.76ドル(+0.33%)

アルコア(AA)         41.51ドル   -0.89ドル(-2.10%)

ウォルマート(WMT)      142.45ドル  +1.48ドル(+1.05%)