8日午後の東京市場でドル・円は146円60銭台と、ほぼ変わらずの値動き。米10年債利回りは上昇基調を維持するものの、足元は上げ渋り、ドル買いは一服しているもよう。ユーロ・ドルは欧州中銀(ECB)の引き締め期待で、等価を維持し底堅く推移する。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は146円31銭から146円78銭、ユーロ・円は146円68銭から146円99銭、ユーロ・ドルは1.0005ドルから1.0031ドル。