(14時30分現在)



S&P500先物      3,800.60(-6.2)

ナスダック100先物  10,954.10(-22.9)





米株式先物市場でS&P500先物、ナスダック100先物は小幅安、NYダウ先物は10 ドル安。米長期金利は底堅く、本日の米株式市場は売り先行となりそうだ。





7日の主要3指数は続伸。前日終値を小幅に上回る値動きから終盤は上昇基調を強め、ダウは423ドル高の32827ドルで取引を終えた。前週末に発表された雇用統計は強弱まちまちの内容となり、連邦準備制度理事会(FRB)による今後の引き締め政策への思惑が交錯。その後は8日の中間選挙を見極めるムードが広がった。与党・民主党が下院で過半数割れが見込まれ、株式市場への追い風になるとの見方が買いにつながった。





本日は底堅い値動きか。中間選挙や10日発表の消費者物価指数(CPI)にらみの展開で、思惑が交錯しやすい。クリーブランド連銀が算出するCPIナウは現時点で市場予想を上回り、FRBによる引き締め長期化の見方から売りが出やすい地合いに。半面、中間選挙で民主党が予想外の大敗を喫した場合、利上げ一辺倒の金融政策に批判が高まる見通し。投票結果が今後の利上げペースに影響を与える可能性から、極端な売りは抑制されそうだ。