米財務省は400億ドル相当の3年債入札を実施。結果で最高落札利回りは4.605%と、2007年来の高水準。事前の水準は4.617%とテイルはマイナス1.2BP。応札倍率は2.57倍と、過去6回入札平均の2.51倍を上回った。外国中銀を含む間接入札者の落札比率は62.2%と、過去6回入札平均の55.8%を上回った。



良好な結果に米国債相場は高値を更新。10年債利回りは4.12%まで低下後、4.14%へ上昇した。ドル指数は続落。109台へ突入した。

ドル・円は145円31銭まで下落後も145円40銭前後で戻りが鈍い。ユーロ・ドルは0.9985ドルから1.0096ドルまで上昇し9/13来の高値を更新。ポンド・ドルは1.1430ドルから1.1599ドルまで上昇し10/31来の高値を更新した。