■NY株式:NYダウは333ドル高、ねじれ議会で政府の過激政策回避を期待



米国株式市場は続伸。ダウ平均は333.83ドル高の33160.83ドル、ナスダックは51.68ポイント高の10616.20で取引を終了した。中間選挙で特に下院での共和党躍進でねじれ議会により、政府の過激な政策への傾斜が回避できるとの期待感が買い材料となり寄り付き後、上昇。さらに、ドル安や長期金利の低下が投資家の安心感に繋がり下値を支え終日堅調に推移した。セクター別では、半導体・同製造装置・素材が上昇した一方で、耐久消費財・アパレルが下落。



独立系バイオのアムジェン(AMGN)は同社開発中の肥満治療薬AMG133の臨床試験の良好な結果が好感され、大幅高。百貨店のコールズ(KSS)はミシェル・ガス最高経営責任者(CEO)退任発表が好感され、上昇した。化粧品メーカーのコティ(COTY)は四半期決算で香水・美容化粧品の強い売り上げが収益を押し上げ、見通しも予想を上回り、上昇。運送会社フェデックス(FDX)は最高財務責任者(CFO)が年末商戦のピーク時の需要が過去2年間に比べより緩やかになるが堅調との見通しを示したほか、需要の低迷でコスト削減を計画すると明らかにし、小幅高となった。パーティー用品メーカーのパーティ・シティ(PRTY)はインフレが影響し売上が低迷、本年3度目となる見通し引き下げが嫌気され、下落。暗号通貨プラットフォームを提供するコインベース(COIN)や投資アプリのロビンフッド(HOOD)は、世界の大手暗号資産取引所FTXが流動性ひっ迫で、米国外の部門を同業のバイナンスに売却すると発表したため警戒感からそれぞれ大幅安となった。



エンターテインメントのディズニー(DIS)は取引終了後に四半期決算を発表。調整後の1株利益が予想を下回り、時間外取引で下落している。



HorikoCapitalManagementLLC





■NY為替:米長期金利低下でドル続落



8日のニューヨーク外為市場でドル・円は、146円45銭から145円31銭まで下落し、145円69銭で引けた。長期金利の低下でドル売りが優勢となったほか、安全資産としてのドル買いが後退。



ユーロ・ドルは0.9988ドルから1.0096ドルまで上昇し、1.0074ドルで引けた。ユーロ・円は145円99銭へ下落後、146円87銭まで上昇。ポンド・ドルは1.1430ドルへ下落後、1.1599ドルまで上昇。英と欧州連合(EU)がBREXIT巡る長期くすぶっている問題に関し前進したとの報道が好感され、ポンド買いが優勢となった。ドル・スイスは0.9927フランへ上昇後、0.9837フランまで下落した。





■NY原油:続落で88.91ドル、世界経済の減速懸念残る



NY原油先物12月限は続落(NYMEX原油12月限終値:88.91 ↓2.88)。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物12月限は、前営業日比-2.88ドルの88.91ドルで通常取引を終了した。時間外取引を含めた取引レンジは88.66ドル-92.17ドル。アジア市場の序盤で92.17ドルまで買われたが、利食い売りも観測されており、上値は次第に重くなった。米エネルギー情報局(EIA)は来年の需要予測をやや引き下げたことや、世界経済の減速懸念は消えていないため、ポジション調整的な売りが増えた。通常取引終了後の時間外取引で88.66ドルまで一段安となり、その後も89ドルを挟んだ水準で推移。





■主要米国企業の終値



銘柄名⇒終値⇒前日比(騰落率)



バンクオブアメリカ(BAC)  37.11ドル   +0.10ドル(+0.27%)

モルガン・スタンレー(MS) 85.28ドル   -0.29ドル(-0.34%)

ゴールドマン・サックス(GS)364.02ドル  +1.46ドル(+0.40%)

インテル(INTC)        28.48ドル   +0.07ドル(+0.25%)

アップル(AAPL)        139.50ドル  +0.58ドル(+0.42%)

アルファベット(GOOG)    88.91ドル   +0.26ドル(+0.29%)

メタ(META)           96.47ドル   -0.25ドル(-0.26%)

キャタピラー(CAT)      229.81ドル  +1.20ドル(+0.52%)

アルコア(AA)         43.23ドル   +1.72ドル(+4.14%)

ウォルマート(WMT)      142.79ドル  +0.34ドル(+0.24%)