欧州市場でドル・円は上値が重く、145円87銭まで上昇後は145円60銭台に失速。米10年債利回りは上げ渋り、ドル買いは一服した。一方、英国政府による北アイルランド議会選の延期を受けポンド売りが強まり、その後は様子見ムードが広がる。





ここまでの取引レンジはドル・円は145円20銭から145円87銭、ユーロ・円は146円34銭から146円53銭、ユーロ・ドルは1.0033ドルから1.0085ドル。