11日午前の東京市場でドル・円は急反発し、140円89銭から142円48銭まで値を切り上げた。前日海外市場でのドル売りで割安感が生じ、ドルの買戻しが優勢に。一方、米引き締めの緩和を期待した株高を背景に円売りが進み、主要通貨は対円で押し上げられた。





ここまでの取引レンジはドル・円は140円89銭から142円48銭、ユーロ・円は143円80銭から145円03銭、ユーロ・ドルは1.0163ドルから1.0210ドル。



【経済指標】

・日・10月国内企業物価指数:前年比+9.1%(予想:+8.8%、9月:+10.2%←+9.7%)



【要人発言】

・バイデン米大統領

「インフレが正常な水準まで戻るには時間がかかる」

・鈴木財務相

「必要な場合には適切な対応を取りたい」

「為替介入の実施、基本的には申し上げない」

「米為替報告書、新たな見解が加わったものではないと理解」

・神田財務官

「為替の変動について緊張感を持って注視。必要なら適切な対応」

「米為替報告書、日本の為替市場は透明性が高いと評価」