11日午後の東京市場でドル・円は失速し、141円80銭台に値を下げた。米10年債利回りの低下でドル売りに振れやすい。ユーロ・ドルは前日海外市場で3カ月ぶりの高値圏に上昇後、アジア市場では弱含んだが、米金利安により底堅く推移する。





ここまでの取引レンジはドル・円は140円89銭から142円48銭、ユーロ・円は143円80銭から145円03銭、ユーロ・ドルは1.0163ドルから1.0210ドル。