11日午後の東京市場でドル・円は141円60銭台と、動意の薄い値動き。米10年債利回りの低下でドル売りに振れ、豪ドル・ドルは上昇基調を維持する。一方、日経平均株価の大幅高を受けリスク選好の円売りが続き、豪ドル・円は高値圏で推移する。





ここまでの取引レンジはドル・円は140円89銭から142円48銭、ユーロ・円は143円80銭から145円03銭、ユーロ・ドルは1.0163ドルから1.0210ドル。