以下は、フィスコソーシャルレポーターの個人投資家「有限亭玉介」氏(ブログ:儲かる株情報「猫旦那のお株は天井知らず」)が執筆したコメントです。フィスコでは、情報を積極的に発信する個人の方と連携し、より多様な情報を投資家の皆様に向けて発信することに努めております。



-----------



※2022年11月7日14時に執筆



11月のFOMC・米中間選挙・米消費者物価指数の発表を通過して、だんだん米国経済の見通しが立ってきたようにも思えます。景気後退により米国のインフレは落ち着いていくのか…その時に日本株はどう動くか…ですな。



改めまして株&猫ブログ「儲かる株情報『猫旦那のお株は天井知らず』」を執筆しております、有限亭玉介と申します。



10月27日に一時的に4%を割った米長期金利の利回りは、再び4.1%台まで上昇しました。ただ、日本の相場を見ると金利の影響は薄れつつあるように感じられます。



10月28日から11月4日までを見ると、日経平均は27000円を底としたボックス相場のようにも見えますねぇ。個人的にはこのまま25日移動平均線を上抜いている限りはリスクオンの姿勢で臨もうかとは考えております。ロシアが戦術核を使用する懸念が高まってはいますが、地政学リスクのイレギュラー要素を排除すれば日本株の地合いは回復傾向と考えて問題ないでしょう。



近いうちに米国のインフレが沈静化へ向かうとの予想から、金利のピークアウトを見込んでハイテク関連銘柄を狙いたいと考える投資家は多いはずです。12月のFOMCのタイミングに合わせて、これまでの相場模様が一変する可能性も考えられますねぇ。



上昇トレンドを継続している銘柄は、やはり買われるだけの理由がある訳ですから見過ごす訳にはいきません。決算シーズンに加えて円安で業績上振れとなった勢いのまま、12月のFOMCを楽しみに待ちたいところです。



10月に入り下値を切り上げている遊技機用プリペイドカード大手のGCジョイコ<6249>は、大株主のほとんどがパチンコ業界の企業で占められています。新株予約権の月間行使状況を発表した事からも需給に思惑がある模様。11月10日の決算後も高値圏を維持できるか監視中です。



続いて直近IPOからpluszero<5132>です。AIを活用したソリューションを提供する同社は上場後より大きく買われております。「仮想人材派遣」関連技術などユニークなテーマ性は目を見張るものがありますな。ベンチャーキャピタルもなく、需給も良好との事。



10月28日の決算発表で上方修正と増配を発表したエレマテック<2715>は、株価も窓を空け急動意すると年初来高値を更新しております。電子部品・材料商社である同社は、米長期金利が落ち着いた後も物色される可能性があるか…。動意後もPER・PBRが割安水準です。



自動車マフラー首位のフタバ産業<7241>は、10月27日の決算発表が好調で上方修正しております。地合いの悪化から売りが続きましたが、決算を機に底値から反発する形となりました。ゴールデンクロス成立でトレンド転換なるか、監視を強めております。



自動車向けコイル大手であるスミダコーポレーション<6817>は、10月31日の決算にて上方修正と増配を併せて発表すると急騰しました。次回の決算発表で23年12月期の業績見通しがどうなるか注視したいところです。



最後は医療電子機器メーカーのフクダ電子<6960>です。25日・75日線付近での推移が続いておりましたが、10月31日の好決算を機に窓を空け上放れしました。決算と併せて11月末で1株から2株への株式分割を発表すると、それも好感された模様です。



さて、ちょっとお話が長くなりましたが、あたくしのブログではそんな「今強含んでいる個別株・テーマ株」を紹介しています。お暇があれば覗いてみてやってください。愛猫「なつ」と共にお待ち申し上げております。



----



執筆者名:有限亭玉介

ブログ名:猫旦那のお株は天井知らず