14日午後の東京市場でドル・円は139円30銭台と、戻りはいったん収束。米10年債利回りは小動きとなり、積極的なドルの買戻しは入りづらい。一方、日経平均株価は軟調地合い、上海総合指数はプラスを維持し、アジア株はまちまちのため方向感は乏しい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は138円86銭から139円94銭、ユーロ・円は143円47銭から144円43銭、ユーロ・ドルは1.0305ドルから1.0350ドル。