14日午後の東京市場でドル・円は底堅く推移し、139円50銭台でのもみ合い。前週末に140円を割り込み、強気ムードは後退している。ただ、ウォラー米連邦準備制度理事会(FRB)が週明け早朝に引き締め継続の見解を示し、ドル買いに振れやすい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は138円86銭から139円94銭、ユーロ・円は143円47銭から144円43銭、ユーロ・ドルは1.0298ドルから1.0350ドル。