欧州市場でドル・円は強含み、140円台に再浮上した。米連邦準備制度理事会(FRB)当局者のタカ派的な発言が材料視され、ドル買い基調に振れている。一方、欧州株式市場は堅調地合いが強まるなか、クロス円はドル・円に連動して値を切り上げる展開に





ここまでの取引レンジは、ドル・円は139円34銭から140円35銭、ユーロ・円は143円98銭から144円83銭、ユーロ・ドルは1.0315ドルから1.0350ドル。