15日午後の東京市場でドル・円は140円50銭台と、本日高値圏で推移する。一方、ビルロワドガロー仏中銀総裁は欧州中銀(ECB)の金融政策について利上げペースを緩める可能性に言及しながらも、継続する方針。ユーロは売りづらく、底堅い値動きに。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は139円89銭から140円60銭、ユーロ・円は144円45銭から145円05銭、ユーロ・ドルは1.0312ドルから1.0334ドル。