欧州市場でドル・円はじり安となり、139円70銭台までいったん戻した後に139円10銭付近に値を下げた。米10年債利回りの低下でドル売りに振れやすく、主要通貨は対ドルで上昇。ユーロ・ドルは域内経済指標の改善を受け、高値圏でのもみ合いが続く。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は139円08銭から139円72銭、ユーロ・円は144円75銭から145円36銭、ユーロ・ドルは1.0393ドルから1.0417ドル。