NY外為市場ではユーロの買戻しが継続した。



北大西洋条約機構(NATO)とポーランドはポーランドに着弾し犠牲者が出たミサイルはロシアの意図的な攻撃ではないとの発表を受けて欧州の地政学的リスク懸念の緩和したためユーロの買戻しが続いた。



ユーロ・ドルは1.0420ドルから1.0372ドルへ反落後、再び1.0413ドルまで上昇。ユーロ・円は145円50銭まで上昇し10日来の高値を更新後、144円65銭へ反落も、再び145円まで戻した。ユーロ・ポンドは英国のインフレ更新を受けたポンド買いに0.8777ポンドまで上昇後、0.8731ポンドまで下落した。