17日午後の東京市場でドル・円は139円50銭台と、ほぼ変わらずの値動き。米10年債利回りの上昇は一服しており、ドル買いは後退。欧州やオセアニアの主要通貨は対ドルで下げ渋り、対円でも底堅い。全般的に方向感は乏しく、様子見ムードが広がる。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は139円21銭から139円65銭、ユーロ・円は144円68銭から145円06銭、ユーロ・ドルは1.0362ドルから1.0399ドル。