17日午後の東京市場でドル・円はほぼ横ばいとなり、139円50銭台でのもみ合いが続く。米10年債利回りは動意が薄く、ドルへの買いは入りづらい。一方、日経平均株価や上海総合指数などアジアの主要指数は軟調地合いだが、株安一服で円買いは抑制されている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は139円21銭から139円65銭、ユーロ・円は144円68銭から145円06銭、ユーロ・ドルは1.0362ドルから1.0399ドル。