17日午後の東京市場でドル・円は失速し、139円30銭台に値を下げた。米10年債利回り上昇後に緩やかに低下し、ドル買いは後退。欧州やオセアニアの主要通貨は対ドルで持ち直しつつある。ただ、アジア株の下げ渋りや米株式先物の堅調推移で、円買いは縮小した。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は139円21銭から139円65銭、ユーロ・円は144円68銭から145円06銭、ユーロ・ドルは1.0362ドルから1.0399ドル。