欧州市場でドル・円は続伸となり、139円80銭台に値を切り上げている。米10年債利回りの持ち直しでドル買い優勢となり、主要通貨は対ドルで弱含む展開に。その影響でクロス円も失速。また、欧米株価指数は軟調地合いで、株安を嫌気した円買いも観測される。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は138円94銭から139円70銭、ユーロ・円は144円47銭から144円87銭、ユーロ・ドルは1.0356ドルから1.0406ドル。