日経平均は28円安(13時50分現在)。日経平均寄与度では、ソフトバンクG<9984>、リクルートHD<6098>、エムスリー<2413>などがマイナス寄与上位となっており、一方、エーザイ<4523>、KDDI<9433>、アステラス薬<4503>などがプラス寄与上位となっている。セクターでは、海運業、サービス業、精密機器、空運業、陸運業が値下がり率上位、保険業、繊維製品、医薬品、電気・ガス業、食料品が値上がり率上位となっている。



日経平均は後場に入って下げに転じた。手掛かり材料に乏しく、積極的な買いは見送られているようだ。また、ダウ平均先物が軟調な動きとなっていることも、東京市場の株価の重しとなっているようだ。