21日午後の東京市場でドル・円は140円30銭台と、底堅く推移する。一方、世界経済の不透明感が深まるなか、ユーロ売りが先行。ユーロ・ドルは1.0270ドル台に、ユーロ・円は144円30銭台に下落。一方、米金利の下げ渋りで、ドル・円は下げづらい。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は140円14銭から140円50銭、ユーロ・円は144円34銭から145円03銭、ユーロ・ドルは1.0276ドルから1.0333ドル。