21日の欧米外為市場では、ドル・円は上げ渋る展開を予想する。米連邦準備制度理事会(FRB)当局者のタカ派的な発言で、ドルの買戻しが入りやすい見通し。ただ、今週は日米祝日による休場が予定され、材料難からドルの上昇は限定的となりそうだ。



前週はFRB当局者による引き締めに慎重な見解で米金利安・ドル安に振れる場面もあったが、週末にかけてはインフレ高進で利上げの重要性を強調した意見が材料視された。18日は米長期金利を背景にドル買いに振れ、ユーロ・ドルは1.03ドル前半に沈み、ドル・円は140円半ばに浮上。ただ、週明けアジア市場は中国での新型コロナウイルスまん延で世界経済の先行き不透明感が深まり、安全通貨買いでドル・円は小幅に下げた。



この後の海外市場は引き続き米金融政策への思惑が交錯しそうだ。FRB当局者内で今後の引き締め方針に強弱がみられるが、足元ではタカ派的な見解が材料視されよう。ただ、次回12月の連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げ幅縮小の予想が多く、ドル買いは想定内の見通し。一方、今週は日本の勤労感謝の日(23日)と米国の感謝祭(24日)で休場となり、材料難から動意は乏しい。ドル・円は売りづらい半面、上昇も小幅にとどまろう。



【今日の欧米市場の予定】

・22:30 米・10月シカゴ連銀全米活動指数(9月:0.10)

・01:30 米財務省・2年債入札

・03:00 米財務省・5年債入札