<円債市場>

長期国債先物2022年12月限

寄付149円24銭 高値149円41銭 安値149円24銭 引け149円41銭

売買高総計9919枚



2年 442回 -0.025%

5年 154回  0.088%

10年 368回  0.240%

20年 182回  1.065%



債券先物12月限は、149円24銭で取引を開始。前週末に米連邦準備制度理事会(FRB)は追加利上げに積極的との見方から、米10年債利回りが3.82%台に上昇して引けた動きを受けて売り先行となった。その後、米10年債利回りが3.78%台に低下するなか、引けにかけて買いが優勢になり、149円41銭まで上げた。現物債の取引では、2年債と20年債が売られ、5年債と10年債が買われた。



<米国債概況>

2年債は4.52%、10年債は3.81%、30年債は3.90%近辺で推移。

債券利回りはやや低下。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は2.01%、英国債は3.21%、オーストラリア10年債は3.58%、NZ10年債は4.17%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]

・22:30 米・10月シカゴ連銀全米活動指数(予想:-0.03、9月:0.10)

・01:30 米財務省・2年債入札

・03:00 米財務省・5年債入札

・03:00 デイリー米サンフランシスコ連銀総裁講演(物価安定)

・06:45 NZ・10月貿易収支(9月:-16.15億NZドル)