22日午前の東京市場でドル・円は142円10銭台で推移。142円04銭まで下げた後142円24銭まで戻した。米国金利の先高観は後退していないため、142円近辺で下げ渋る状態が続く可能性がある。ここまでの取引レンジはドル・円は142円04銭から142円24銭、ユーロ・円は145円46銭から145円71銭、ユーロ・ドルは1.0240ドルから1.0248ドル。