22日午後の東京市場でドル・円は141円60銭台と、動意の薄い値動きが続く。米10年債利回りは上げ渋るものの、一段の低下は抑制され、ドルは売りづらい展開に。一方、日経平均株価や上海総合指数などアジアの主要指数はプラスで推移し、円買いは後退。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は141円63銭から142円24銭、ユーロ・円は145円36銭から145円71銭、ユーロ・ドルは1.0240ドルから1.0268ドル。