23日午前の東京市場でドル・円は引き続き141円30銭台で推移。140円91銭まで売られた後、141円44銭まで戻している。中国本土株式はまちまちの値動き鵜となっており、手掛かり材料になりにくいようだ。新たなドル売り材料が提供されない場合、ドル・円は141円近辺で下げ渋る可能性が高まっている。ここまでの取引レンジはドル・円は140円91銭から141円36銭、ユーロ・円は145円40銭から145円64銭、ユーロ・ドルは1.0301ドルから1.0321ドル。