米労働省が発表する週次新規失業保険申請件数は前週比1.7万件増の24万件と前週から予想以上に増加し8月半ば以来の高水準となった。失業保険継続受給者数:155.1万人と前回150.3万人から予想以上に増加し、3月初旬来で最高。



米商務省が同時刻に発表した10月耐久財受注速報値は前月比+1.0%。伸びは9月+0.3%から予想以上に拡大し、6月来で最大となった。変動の激しい輸送用機器を除いた耐久財受注は速報値前月比+0.5%と9月-0.9%からプラスに改善し予想も上回った。



国内総生産(GDP)算出に用いられる航空機を除く非国防製造業出荷速報値は前月比+1.3%と、9月-0.1%からプラスに予想以上に改善した。伸びは1月来で最大となり、10-12月のGDP成長にプラスに寄与。



外為市場では労働市場ひっ迫の緩和の思惑にドル売りが優勢となった。ドル・円は141円30銭から141円00銭へじり安推移。ユーロ・ドルは1.0320ドルから1.0340ドルまで上昇した。




【経済指標】
・米・10月耐久財受注速報値:前月比+1.0%(予想:+0.4%、9月:+0.3%←+0.4%)
・米・10月耐久財受注(輸送用機器除く)速報値:前月比+0.5%(予想:0.0%、9月:-0.9%←-0.5%)
・米・10月製造業出荷・資本財(航空機を除く非国防)速報値:前月比+1.3%(予想:
+0.2%、9月:-0.1%←-0.5%)
・米・先週分新規失業保険申請件数:24万件(予想:22.5万件、前回:22.3万件←22.2万件)
・米・失業保険継続受給者数:155.1万人(予想:152.0万人、前回:150.3万人←150.7万人)