24日午後の東京市場でドル・円は138円70銭近辺で推移。139円64銭から138円56銭まで下落。本日は米国市場が休場のため、ドル・円などの主要通貨の為替取引はポジション調整が主体となる見込みだが、日経平均の堅調地合いを受けてリスク回避的な円買いは一時縮小。ただ、ユーロ高・米ドル安の相場展開を受けてドル買い・円売りは再び後退している。日中の取引レンジはドル・円は138円56銭から139円64銭、ユーロ・円は144円62銭から145円23銭、ユーロ・ドルは1.0394ドルから1.0449ドル。