24日のニューヨーク市場は、米国が「感謝祭」の祝日のため、主要通貨の為替取引は動意薄の状態が続いた。ドル・円は下げ渋り。138円10銭まで下げた後、日米金利差のさらなる拡大を想定したドル買いが観測された。138円56銭まで買われており、138円55銭で取引終了。





ユーロ・ドルは、伸び悩み。ユーロ圏経済の先行き不安は消えていないため、ユーロ買いは一服。1.0428ドルまで買われた後、1.0401ドルまで下げており、1.0409ドルで引けた。ユーロ・円は下げ渋り、143円83銭まで下げた後、144円25銭まで反発。





ポンド・ドルは、強含み。1.2104ドルまで下げた後、1.2154ドルまで買われた。



ドル・スイスフランは、0.9414フランから0.9440フランまで上昇。