<円債市場>

長期国債先物2022年12月限

寄付149円36銭 高値149円36銭 安値148円87銭 引け148円97銭

売買高総計21260枚



2年 442回 -0.030%

5年 154回  0.095%

10年 368回  0.245%

20年 182回  1.090%



債券先物12月限は、149円36銭で取引を開始。11月東京都区部消費者物価指数(生鮮食品除く)の伸びが予想以上に拡大したことを受けて、日銀の政策修正思惑による売りが優勢になったといわれ、148円87銭まで下げた。財務省の40年債入札の結果は順調との見方だった。現物債の取引では、2年債が買われ、5年債と20年債が売られ、10年債はもみ合った。



<米国債概況>

2年債は4.43%、10年債は3.66%、30年債は3.70%近辺で推移。

債券利回りは低下。(気配値)



<その他外債市況・10年債>

ドイツ国債は1.86%、英国債は3.03%、オーストラリア10年債は3.57%、NZ10年債は4.09%。(気配値)



[本日の主要政治・経済イベント]

・特になし

・米国株式・債券市場は短縮取引

・米国感謝祭翌日の金曜日「ブラックフライデー」