25日のニューヨーク外為市場でドル・円は139円58銭まで上昇後、139円02銭まで下落し、139円09銭で引けた。米国株式市場や債券市場が短縮取引で動意薄い中、長期金利上昇に伴うドル買いが優勢となったのち、株式相場の回復に連れ安全通貨としてのドル買いが後退。



ユーロ・ドルは1.0355ドルまで下落後、1.0411ドルまで上昇し、1.0406ドルで引けた。欧州の景気後退懸念にユーロ売りが一時優勢となった。ユーロ・円は144円40銭から144円92銭まで上昇。ポンド・ドルは1.2059ドルへ下落後、1.2111ドルまで上昇した。ドル・スイスは0.9500フランまで上昇後、0.9448フランまで下落した。