28日午前の東京市場でドル・円は軟調地合いとなり、139円40銭台から138円前半に値を下げた。日経平均株価や上海総合指数などアジアの主要指数は弱含み、株安を嫌気した円買いに振れた。一方、米10年債利回りの低下を受け、ドルは対円で買いづらい展開に。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は138円33銭から139円42銭、ユーロ・円は143円25銭から144円70銭、ユーロ・ドルは1.0341ドルから1.0384ドル。



【経済指標】

・豪・10月小売売上高:前月比-0.2%(予想:+0.5%、9月:+0.6%)



【要人発言】

・黒田日銀総裁

「現時点で政府・日銀の役割を見直す必要があるとは思わない」

「賃金上昇に伴う2%物価目標の達成を目指すのが責務」

・シルクNZ準備銀行副総裁

「リセッションの予想は浅く、テクニカル的なものになるだろう」

「金融引き締めを減速するには、インフレ期待が低下する必要」