28日午後の東京市場でドル・円は下げ渋り、138円前半から138円半ばに戻した。中国での抗議活動が拡大しするなか、リスク回避的な円買いは一服。一方、人民元をはじめ欧州やオセアニアの主要通貨に対してドルが選好され、対円でも下げづらい展開に。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は138円33銭から139円42銭、ユーロ・円は143円25銭から144円70銭、ユーロ・ドルは1.0341ドルから1.0384ドル。