28日午後の東京市場でドル・円は138円60銭台と、ほぼ変わらずの値動き。ドル・人民元の上昇は一服し、ドル・円の戻りを抑制。一方、米10年債利回りの低下はいったん収束し、ドルは欧州やオセアニアをはじめ主要通貨に対して下げづらい値動きに。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は138円33銭から139円42銭、ユーロ・円は143円25銭から144円70銭、ユーロ・ドルは1.0341ドルから1.0384ドル。