28日午後の東京市場でドル・円は138円40銭付近と、本日安値圏で推移する。米10年債利回りの低下を受け、ドルは対円で買い後退。一方、時間外取引の米株式先物は下げ幅をやや拡大し、リスク回避の円買いが主要通貨への下押し圧力となっている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は138円33銭から139円42銭、ユーロ・円は143円25銭から144円70銭、ユーロ・ドルは1.0341ドルから1.0384ドル。