欧州市場でドル・円は本日安値を下抜け、137円40銭台に弱含んだ。米10年債利回りは夕方に戻しかけたものの、その後再び低下しドル売りが優勢に。ユーロや豪ドルなど主要通貨は対ドルで上昇し、欧米株価指数は軟調だが、対円でも値を切り上げている。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は137円48銭から138円39銭、ユーロ・円は143円36銭から143円93銭、ユーロ・ドルは1.0367ドルから1.0448ドル。