欧州市場でドル・円は小幅に戻し、137円80銭台で推移する。米10年債利回りが上向き、ドル買い・円売りに振れている。一方、ユーロと豪ドルは対ドルでの上昇基調が鮮明になり、対円でも強含んだ。欧米株価指数は軟調だが、円買いは限定的のようだ。





ここまでの取引レンジは、ドル・円は137円48銭から138円39銭、ユーロ・円は143円36銭から144円69銭、ユーロ・ドルは1.0367ドルから1.0494ドル。