29日のロンドン外為市場のドル・円は、138円41銭から137円88銭まで下落した。中国のコロナ政策をめぐる情勢への懸念は根強いとみられ、米10年債利回りが3.64%台まで低下し、ドル売りが優勢になった。



 ユーロ・ドルは、1.0351ドルから1.0393ドルでもみ合い。ユーロ・円は、143円57銭から143円03銭まで下落した。ドイツ各州の消費者物価指数の伸びが軒並み鈍化しており、ユーロ売り圧力になったとみられる。



 ポンド・ドルは、1.1980ドルから1.2064ドルでもみ合い。ドル・スイスフランは、0.9473フランから0.9524フランまで上昇した。スイスの予想以上の成長減速がフラン売りにつながったもよう。