日経平均は160円安(9時10分現在)。今日の東京株式市場は売りが先行した。中国の「ゼロコロナ」政策の早期見直しを期待する向きがあるものの、ゼロコロナ政策が経済の下押し圧力になるとの懸念は払しょくできず、東京市場の株価の重しとなった。また、日本時間の明日未明のパウエルFRB議長の発言内容を見極めたいとして積極的な買いを見送る向きもあった。一方、日経平均が昨日までの3日続落で300円を超す下げとなったことから、押し目買いが入りやすかった。また、日経平均は28000円近辺や、27700円台半ばに位置する25日移動平均線が下値支持線として意識されており、ここからの下値は限定的との見方もあった。さらに、昨日の香港ハンセン指数や上海総合指数が大幅に上昇したことも東京市場で安心感となったが、寄付き段階では売りが優勢だった。寄り後、日経平均はもみ合いとなっている。