1日午前の東京市場でドル・円は137円20銭近辺で推移。米長期金利の低下を意識したドル売りが続いており、一時137円14銭まで下落。137円以下には顧客筋のドル買い注文が入っており、アジア市場でドル・円が137円を継続的に下回る可能性は引き続き低いとみられる。ここまでの取引レンジはドル・円は137円14銭から138円12銭、ユーロ・円は143円05銭から143円76銭、ユーロ・ドルは1.0402ドルから1.0430ドル。